Amazon Fire HD 8 タブレットで英語の勉強効率を大幅アップ!洋書多読は絶対これがおすすめ!コスパ最強でした…

みなさんは英語学習にiPadなどのタブレット端末は使っていますか?

タブレットはスマホよりも大きな画面で使えるので、英和や和英、英英の辞書アプリで英単語を調べたり、英語のインターネットサイトや洋書を読んだり、映画や海外ドラマ、TEDなどの動画を見たりするのに便利ですよね。

私は最近、

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB – Alexa搭載

こちらを購入しました。購入してから色々といじったりしてみたのですが、英語の勉強にかなりおすすめだなと感じたので紹介しようと思います。

タブレット端末があるのとないのとでは、かなり英語学習の効率が変わってくると感じています。英語の勉強にFire HD タブレットを使い倒してます。

この記事は「英語学習にFire HD 8を活用する」という視点からのレビュー、紹介です。

Amazon Fire HD 8の主な特徴・スペック

Fire HD 8の主なスペック
  • ディスプレイサイズ:8インチHD
  • 解像度:1280 x 800 (189ppi)
  • プロセッサ:クアッドコア1.3GHz
  • オーディオ:Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイク
  • ストレージ:16/32GB
  • microSDカードスロットあり(256GBまで対応)
  • カメラ:フロントカメラ、2メガピクセルリアカメラ
  • Wi-Fi:デュアルバンドa/b/g/n
  • バッテリー:12時間
  • サイズ:214 x 128 x 9.7mm
  • 重量:369g

このスペックで定価1万円を切ってる(2018年6月10日時点です。新しい世代で定価が変更される可能性はあると思います)のはやばいですよね。プライムデーやサイバーマンデー、ブラックフライデー、タイムセールなどで更に安くなったりもします。

iPad などの他のタブレットに比べてかなり安いので、2台めのサブ機や常にカバンに入れておいて使い倒す、持ち運び専用機などにするのも良いと思います。

実際、iPadってかなり高級品ですので、扱いに結構気を使いますよね。Fire HD 8ならあまり細かいことは気にせずガンガン使い倒せるのが良いと思います。

Fireタブレットシリーズ(Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10)の比較や、詳細スペックはこちらのAmazon公式ページへ:Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB – Alexa搭載

Amazon Fire HD 8 英語学習におすすめな点・使い方

【英語多読】Kindleアプリ

やはりこのKindle関連の機能・サービスが一番のおすすめポイントです。Fire HDはAmazonが販売しているタブレットなので、Kindle関連がものすごく充実しています。私は主にKindleアプリを英語多読に使う目的で Fire HD を買いました。

Fire HD 8 自体に何冊もの電子書籍のデータを保存出来ますので、紙の書籍のようにかさばらないのが良いです。持ち運びして使うつもりの人にはとてもありがたいですね。

Kindleアプリでは、標準で英和辞書(プログレッシブ英和辞典)が入っていますし、Merriam-Websterなどの英英辞書のアプリなどをインストールすれば、英英の語義も同時に表示されます(対応している本)。ちなみに、Wikipediaも表示されます。

調べ方は「調べたい英単語をタップ長押し」これで終わりです。めちゃくちゃ便利です。紙の本のように分からない単語を電子辞書や辞書アプリなどでポチポチと調べたりしなくても良いので楽ですね。洋書を使った英語多読は絶対にkindleでするのがおすすめです。

また、Word Wise機能というものがあり、その機能を利用できる本では「本に出てくる難しい英単語の上に簡単な意味を表示させること」が出来ます。その場合は、長押しで調べずとも、最初から英単語の上に英英辞典で調べたような説明が書いてあります。

調べた英単語を単語帳に登録しておいて、後で復習して語彙力強化も効率的に出来ます。

他にも、電子書籍は本文中のリンクをタップするだけで、他のページへジャンプしてすぐに読めるところも便利ですね。例えば、「徹底例解ロイヤル英文法 改訂新版」などの文法書を調べたり読んだりしている時に大活躍する機能です。

もちろん、本の記述を検索することも可能なので、紙の本よりもサッとストレスなく調べることが出来ると思います。

このように、Kindleアプリは英語学習に大いに役立ちます。

Kindleオーナー ライブラリーで英語多読

Amazonプライムにご加入で、Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットをお持ちのお客様は、ベストセラーやコミックを含む、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象タイトルの中からお好きな本を、一か月に1冊 無料でお読みいただけます。

引用元:「Amazon.co.jp kindleオーナーライブラリー

もともとAmazonプライムの会員だった私は、最初これを知った時「え、マジで?今まで損してた??」ってなりました(笑)

私は今月(2018年6月)は

こちらの本をダウンロードしました。タイトルは随時更新らしいですので、対象タイトルが変わったりもするのかな?

「毎月1冊無料で読める」というのはかなり大きいです。何が大きいかというと無料で読めるというのはもちろんですが、私はそれよりも「毎月1冊本を読む」ということの動機づけになることに、大きな意味を感じています。

「毎月1冊!?じゃあとりあえずダウンロード!」→結果「毎月1冊」本を読むことになる。

読書の習慣がない人でも、これをきっかけに読書をするようになるかもしれませんね。

さらに、プライム会員の特典のPrimeReadingでは、本のカバーに「Prime」の表示があるものは無料で読み放題です。

Amazonプライムの年会費くらいは本を数冊読めばすぐに元が取れます。

ある程度英語の基礎が固まってきて、ひたすら洋書を読み漁る段階まで来ている人はKindle Unlimitedに登録して月額で読みまくるのも良いですね。

Kindle Unlimitedだと読める本の選択が遥かに多くなります。

TEDで英語多読多聴

有名なやつですね。色々な英語のプレゼンを見ることが出来るので、英語学習でも定番となっています。

個人的には、英語初心者がTEDを見て英語を勉強するのは少し難しいかなと思います。しかし、ある程度勉強している人(このサイトの基本セットが終わったくらい)でTEDのプレゼン内容に興味があるなら十分に利用する価値がありますね。

理由は、英語字幕があるからです。TEDはわかりやすく話してくれるプレゼンも多いですが、早口の人もいますし、使われている用語なども英語のノンネイティブやプレゼンのテーマの素人からすると難しかったりします。

しかし、英語字幕があるので、聞き取れなかったものを何度も聞き直したり、知らない単語を調べたりすることが出来ます。

YouTubeなどでも同じような勉強は出来まが、あちらは英語字幕があったりなかったりしますし、プレゼンではなく一般人の本当のフリートークみたいなのも多くて難しかったりもしますので注意して下さい。

「英語を勉強するなら、まずおさえておきたい基本セット」についてはこちらの記事をどうぞ【英語初心者必読】まず最初に勉強するべき必須の勉強3つ【必修基本セット】

その他のアプリ、機能、Amazon プライムのサービス

Amazonプライムの会員の人でしたら、Prime MusicやPrimeVideo、PrimeReadingなどの便利なサービスももちろん利用可能です。とことん使い倒しましょう。

私は今回Fire HDを買うより前からプライム会員でしたが、元々はPrime Musicプライム・ビデオ、お急ぎ便目当てで登録していました。

既にプライム会員の人には分かると思いますが、これらのサービスを利用するだけでも十分に年会費の元は取れますよね。(ちなみにAmazonプライムは最初の30日は無料です。)

プライム・ビデオでは、英語学習でも定番の「FRIENDS」などの海外ドラマや、洋画もたくさん見ることが出来ます。(Prime 対象の作品は時期によって変わります)

Fire HD 8はもちろん普通のタブレット端末と同じでネット、メール、TwitterやFacebook、定番ゲームアプリも使えます。(私はこういうのをやる時は、ほぼスマホですが)

自己責任になりますが、Fire HDタブレットにもgoogleplayを導入出来るみたいなので、インストール出来るアプリの制限なく普通のAndroidタブレットやスマホのような使い方も出来るようです。(特におすすめはしませんが。。)

また、Fire HD 8ではWord Runnerという機能で新しい英語本の速読方法が試せるのですが、個人的には今のところはこの機能はいらないかなと(笑)

英文中の単語が画面の中央に1つずつパッパッパッパと表示されていくのですが、初心者にはあまりおすすめできない感じですね。本当にこれで速読が出来るようになるのでしょうか?

英語学習者が無理に手を出すようなものではないかなと思います。まずは速読じゃなく、普通のスピードで読めるようになりましょう。

Fire HD に入れるおすすめアプリや電子書籍などは「Fire HD 8タブレットで英語を勉強!絶対入れておきたいアプリ・電子書籍(英文法書)!」こちらの記事でも紹介しています。

Amazon Fire HD 8の使用感

私はAmazon Fire HD タブレットを使って英語学習をする上で、特にスペック不足を感じることもありませんし、IPSディスプレイですので画質もキレイだと思います。

一昔前の安物タブレットのように、タップやフリックなどの反応が遅いなんてこともありませんね。スイスイと滑らかに動作しています。ストレージの容量も16GBか32GBで選べますし、私のようにKindleで本を読んだりするのがメインの用途なら16GBでも全く問題なさそうです。

動画をたくさん保存してオフラインで視聴するという使い方をする人でも、microSDカードを挿せば256GB追加されるので、容量が足りないという事態にはならないかと思います。

タブレット本体の重さもそこまで気になりませんね。手の小さい人は片手で長時間持つのはつらいかもしれませんが。

Fire HD 8タブレットの注意点など

液晶保護フィルムなどを貼るなら100均の安物で十分

私はスマホなどには必ずガラスフィルムを貼ってカバーもつけるタイプの人間なんですが、今はFire HD 8はノーガードで使っています。何故かと言うと、

高いフィルムを買うとコスパが悪くなるから

これに尽きます。せっかくFire HD8本体がこんなに安いのに、高価な液晶保護フィルムで1000円以上払うってのは何かちょっと損した気分になりませんか?(笑)貼るなら100円ショップのもので十分かなと。

どうせ本体価格は安いんです。ボロボロになるまで使い倒して「もう駄目だ」ってコンディションになる頃にはもっと性能の良い新しいモデルも出てる可能性が高いでしょうし、そっちを買えばいいかなと。

そのため、1000円以上するような保護フィルムは私は使っていません。とはいえ、完全ノーガードが気持ち悪いのも事実。そのうち、100均のフィルムを貼るかもしれません。

追記:その後、100均のiPad用の保護フィルムを買い、Fire HD のサイズにカッターで切って貼りました。フィルムを貼らない状態はやはり個人的に気持ち悪いというのと、指紋が気になるというのが理由です。

100円のフィルムですが十分満足しています。貼る時に少し気泡は入ってしまいましたが、あまり気にならないのでそのままにしています。

タブレットカバーも同じ理由でつけていません。そもそも私はFire HDをあまり持ち歩きませんので、今のところは不要だと判断しています。

持ち運ぶことが増えてきたら、100均に売ってるチャック付きでフワフワのカバーを買ってきてそれに入れようかなと思っています。

読書、動画視聴がメイン用途の人はタブレットのスタンドはあった方が便利

読書やプライム・ビデオやHulu、海外ドラマ、映画、TEDなどの動画を見るのがメインの人はスタンド兼カバーなどがあった方が便利だと思います。

私は動画はPCモニタで見ることがほとんどなので、あまりFire HD 8の出番はありません。家で電子書籍を読む時には、ブックスタンドに立てかけて読みます。

actto BST-02 ブックスタンド

私はFire HD 用のスタンド兼カバーではありませんが、↑のブックスタンドを持っていますので、それに立てかけて使っています。このブックスタンドは紙の本を読む時とても便利で重宝しています。

Fire HD タブレットを手に持って読むことも当然出来ますが、ずっと持ってると疲れます。机などに平置きでも読めますが、ブックスタンドで立ててる状態の方がやっぱり読みやすいですね。

100均でもタブレット用のスタンドが売っていると思いますので、そちらを使うのももちろんアリです。

Amazon Fire タブレット どれを買えばいいのか?子ども用におすすめは?

Fire HD タブレットシリーズ どれが一番おすすめ?

個人的にはAmazon Fire HD 8の一択かなと思います。私のおすすめする、英語学習に活かす使い方をするならコスパが一番良いと思います。スペックも十分ですね。

もちろん、映画などの動画を大画面で見たい!大きな画面で本を読みたいっていう人はFire HD 10を買うのもアリだと思います。しかし、その場合は持ち運んだり、手に持って本を読んだりするのが少し大変になります。

Fire 7はすごく安いのですが個人的にはスペックなどを考えると、特に選ぶ理由はないかなという感じがしますね。このモデルを買うことをおすすめするのは、「スペックはどうでもいい、とにかく安いのが良い!」という人くらいでしょうか。

「Fire HD8 キッズモデル」は子ども用のおすすめタブレット 

最近は子ども用のFire HD8タブレットが発売されています。


Fire HD 8 タブレット キッズモデル ブルー (8 インチ HD ディスプレイ) 32GB

わくわくを子どもに、安心を大人に。たくさんの安心ポイントが詰まった Amazonのキッズ向けタブレット。 数千点の子ども向けコンテンツが楽しめるAmazon FreeTime Unlimitedが1年間使い放題(プライム会員年額5,760円相当、一般会員年額11,760円相当 ※月額料金の12ヵ月分)、キッズカバー、2年間の限定保証込みだからお子様のタブレットデビューにぴったり。 さらにフル機能搭載のFire HD 8タブレットとしても楽しめます。パスワードを入力してAmazon FreeTimeを終了すれば、すべての設定項目にアクセスできるほか、Prime Videoなどの動画配信サービスや、ウェブブラウザ、アプリ、Alexa、音楽、TV番組などお好きなコンテンツを楽しめます。

出典:Amazon.co.jp 「Fire HD 8 タブレット キッズモデル ブルー」商品ページ

小学校でも英語が必修化されましたし、上手く使えばかなり役立つ学習ツールになるはずです。子ども向けの英語学習コンテンツの他にも楽しく学べる動画やゲーム、絵本や図鑑などの電子書籍、いろいろなアプリが入ってますので楽しめますね。

キッズモデルということで年齢フィルターや、使いすぎないように使用時間設定が出来たり、子どもが何をどれくらいの時間やっているのかを離れたところからスマホなどで確認できたりします。

画像からも分かるように頑丈なケース入りで、さらに、2年間の故障時無料交換の限定保証付きです。子どもが使うとなると、やはり故障は心配ですよね。その点も安心です。

一番のポイントが、「大人用のプロフィールに設定を切り替えれば、普通のFire HD8 タブレットとして使用できる」というところです。CPUやメモリなどの基本的なスペックは通常版のFire HD8 と同じです。親と共用するのはもちろん、子どもがある程度大きくなったら普通のFire HD8 タブレットに切り替えて使うということもできそうです。

Prime Video は大人用のアカウントに切り替えれば見られるようになります。(個別に購入してある動画はそのまま見られます)

最後に

Fire HD 8タブレットは英語を勉強している人に本当におすすめですね。個人的に、今までにAmazonで買ってよかった物のベスト3に入ります。「何でこんな良いガジェットをもっと早く買わなかったんだ…迷わず買うべきだった」とすごく後悔しています。これをもっと早く買って使い倒していれば私の英語多読ペースと語彙習得ペースが全然違っていたはず…。

洋書などを読んでて分からない単語があったらそれを長押しタップ。そうするとすぐに「英英と英和(おまけでWikipediaまで)の語義」がパッと出てくるのはやばいくらい快適です。自分でスマホや電子辞書にポチポチ入力して英単語の意味を調べる必要がないとか便利すぎますよね。

iPad みたいにやたら高いタブレットだと買うのを躊躇してしまいますが、Fire HDシリーズはiPadシリーズよりも遥かに安くとてもコスパが良いです。

書籍も、新品の場合は紙の本よりkindle 版の電子書籍の方が安いことがほとんどですし、先程も紹介したとおり、英単語も手軽に英和、英英で調べることが出来ます。

これからは私はkindleで出ている本はなるべくkindleで購入しようかなと思ってます。

  • 英語の勉強の効率を上げたいと思っている人
  • まだタブレットPCを1つも持っていない人
  • 中高生や大学生などの初タブレット端末として手頃な価格のものを探していた人
  • 持ち運んだりして気軽に使い倒せる英語学習用のサブのタブレット機が欲しい人

など、Fire HD はいろいろな人におすすめですので、是非導入を考えてみて下さい。

この記事でも説明したように、Amazonプライムと組み合わせるとさらに便利に活用出来ます。プライムの各サービスには無料体験もありますので、一度試してみるのもいいでしょう。